分からないところや疑問は、LINEを通じて質問することができるから心強い【わんごはんABC講座】

パートナーわんこの「待ち遠しい!」を引き出し不調もケアできてしまう、わんこの食養生ごはん。
ドッグフードからの切り替え方や続けるにあたっての基本的なことが学べる入門講座の一歩先、食事療法の基本的なレッスンも開催しています。

今現在、特に不調はないけれど、この先を見据えて手作りごはんにチャレンジしたい!と入門講座と一歩先のABC講座を続けて受講してくださったAさんより、感想をいただきました。

目次

今まで一度もわんこごはんを作ったことがなかったけれど、できそうだと思えました(A.Yさま)

今回、ABC講座を受講させていただいたことで、今まで知らなかった栄養や犬のカラダについての分野を学ぶ経験が出来たことがとても良い刺激になりました。

今まで一度もわんこごはんを作ったことがなく、知識も全く無い状態で受講させていただきましたが、とても分かりやすいご説明と豊富な資料、丁寧な質問対応をしていただいたおかげで、こんな私でも大まかに理解ができた形で終えることができました。ありがとうございます。

受講したから大丈夫。ではなく、まだまだ勉強しなければいけないことは沢山あると感じているため、まずは講座の復習をしっかり行いたいと思います。

分からないところや疑問に感じた事は、LINEを通じて質問することができるため、とても心強いです。

受講後に出てきた疑問を解消するための専用ツールも用意

現在開催している入門講座やその先のABC講座は、すでに手作りごはんを始めている、トライしたことがある、といった実践者さんが復習をかねて受講してくださることが多いです。

でも、講座の内容としては、Aさんのように興味はあるけれど初めて触れるといった方でも大丈夫なように構成されています。

なるべくわかりやすく伝えることを心がけてますが、それでもやっぱり100%とは言い難いもの。
また、受講後しばらくしてから疑問がでてくることもあるので、そのタイミングで解消ができるように受講生専用のLINEも用意しています。(登録は任意)

LINEにしたのは、Facebookグループや他のチャットアプリに比べて使っている人が多いから。他にも、

  • グループ機能だと他の受講生も見るので質問しづらい…という心理が働くこともあるので、気兼ねなく質問できるように
  • 受講生とのやりとりを『ヒト』単位でまとめることで、過程が追いやすい

こういった点から現在はLINEをフォローアップツールとして使っています。

もし、受講生で登録してない方がいたら、ぜひ登録してくださいね。
(登録のためのURLは、受講後にお送りしているメールに記載しています)

Please share if you like.
目次
閉じる