Profile

葛城まゆえMayue Katsuragi

ドッグウェルネスアドバイザー
犬の食事療法家

自分だけならばおろそかになりがちなことも、家族でありパートナーである蘇芳(すおう)と真赭(ますほ)のためには続けられる。
日々目にする蘇芳(すおう)と真赭(ますほ)の「ママのごはん、大好き!」の笑顔が原動力になっています。

Facebook   Instagram

1979年名古屋生まれ、東京都在住。

幼少期より動物が好きで、当時のお気に入りはヒュー・ロフティング著『ドリトル先生シリーズ(岩波書店)』
実家では日本スピッツ、錦鯉と共に暮らし、近所の大型犬や愛護センターのボランティア散歩なども経験するが、総じて人は苦手なまま現在に至る。

2010年クリスマスに活動のきっかけとなる愛犬・蘇芳(すおう)と出逢う。
念願叶って迎えた愛犬にはあたり前のようにドッグフードを主食としていたが、生後半年を超えたあたりから下痢・皮膚炎を患い、動物病院での投薬治療が必要な状態に。
治療を続けるものの薬が切れると症状が発症することの繰り返し、小さな体に長期間投薬すること自体に疑問をもち、また本犬より「薬以外の方法で僕の体はよくならないの?」というメッセージを聞いたことをきっかけに、投薬治療以外の方法ー手作り食を学び、暮らしの中に取り入れ始める。

翌年迎え入れた兄弟犬・真赭(ますほ)も同じように胃腸が弱く、薬以外の方法を模索し、手作り食に加えて薬膳、食事療法、フィトセラピー、アロマテラピー、ボディワーク、ヒーリングなど学びを深め、自然療法の世界に足を踏み入れ始める。

2012年、愛犬と通えるプリザーブドフラワーレッスンとオーダーアレンジメントを主軸とするアトリエサロンをスタートさせるが、2年後、周囲の後押しもあり本格的にペットのウェルネスケアへシフトする。
シフト期にはドッグカフェでの勤務も経験。

2016年には、前年より企画していた愛犬のためのプライマリケアを発信するプロジェクト・animaromaより「愛犬のためのはじめてのアロマテラピーhandbook」発行。書籍デザインも担当。

活動と学びを深める中で、なかなか改善しなかった弟犬・真赭(ますほ)の下痢が、東洋医学をベースとした食事療法を取り入れたことで劇的に改善。
食べることが大好きな本犬にも負担が少なく、不調のケアができることから改めて食材の力を実感し、『食』を軸としたケアを楽しむライフスタイルを伝えることを決意する。

同年より、ホリスティックケア、ウェルネスケアの各種1dayクラス、個別相談をスタート。
その他、ドッグトレーナー招致、フォトグラファー招致、カフェギャラリーでのペットイベントの企画も行う。

好きなもの
美しく凛とした繊細なもの
落ち着いたカフェでサーブされるハーブティ、リーフティ、スイーツ
Slow Jazz、Blues
ジャンルを問わず、活字中毒気味

学生時代は美術部に所属し、グループにて全国展へ出展。
アナログデザインは当時の美術部顧問より基礎を、デジタルデザインは独学にて習得。

主な保有資格

犬の食事療法インストラクター師範(犬猫の食と自然医療の学校)
ペット薬膳管理士(PIYA)
ペット食育士(APNA)
ペットアロマ・セラピスト(JMAACV)
ペットセルフケアセラピスト/講師(JMAACV)
ホリスティックケア・カウンセラー(JAWA)
アロマタッチテクニック®セラピスト(doTERRA)

その他、ドッグフィトセラピー(Essentia Herbs)、ペットマッサージ(JPMA)、犬猫口腔ケア(CACIO)など修了
カルトナージュ講師、プリザーブドフラワーアーティスト

メディア&実績

2019年

2018年

  • ネット番組「ありがとうTV」出演(株式会社スプリングフィールド) 
    ≫出演動画はこちら
  • 企業WS「愛犬と一緒に楽しむアロマワークショップ」(株式会社DogHuggy)
  • イベント「しっぽ祭2018」企画・主催