迷ったときに戻ってこられるベースになる考え方【わんごはん入門講座】

パートナーわんこの「待ち遠しい!」を引き出し不調もケアできてしまう、わんこの食養生ごはん。
ドッグフードからの切り替え方や続けるにあたっての基本的なことが学べる入門講座を定期的に開催しています。

なかなか手作りごはんへ踏み切れなくて、と受講くださったHさんから感想をいただきました。

目次

犬の身体のこと、水分や運動は大事だと再認識しました(H.Wさま)

涙やけが出やすく、水分を摂らせるためにも、野菜スープをかけたドッグフードと手作り食を併用していました。
好き嫌いなく常に食欲旺盛な我が子ですが、ドッグフードより手作り食のほうがテンション高めになるのは伝わってきました。こんなに喜ぶなら完全手作り食で、と思いつつ、栄養の偏りなどが気になりなかなか踏み切れませんでした。

最近は手作りごはんの本やサイトそれに講座などいろいろありますが、いろいろ見すぎてしまい逆に分からなくなってしまった部分もあります。一度しっかり学んでみようと思い、わんごはん入門講座を受講しました。

素材(特に野菜)の選び方や与える量など基本的な考え方が分かりやすく感じました。また、犬の身体のこと、そして水分や運動は大事だなぁと再認識しました。

迷ったときに戻ってこられるベースになる考え方が1つあると、少し楽な気持ちで手作り食を続けられそうです。

今のカラダの状態に意識を向けること、カラダの仕組みを知ることは重要

ご感想にもあるように、手作りごはんの情報は書籍、ネット、講座開講…とかなり情報過多になっているのが現状です。(わたしもこうしてレッスンしてますけど)

共通する情報もあるけれど、それぞれ著者や講師、あるいは団体によって考え方が異なる部分も多々あるので、いざやってみよう、調べてみよう、となると、ありすぎてわからなくなってしまうこともあるかもしれません。

そうしてたくさんある情報の中から(実際、獣医師監修講座は他にもあります)選んでいただけたことは素直に嬉しいです。

入門講座では、パートナーわんこの基本的なカラダの仕組みにも触れるので、ただごはんを作れるようになるだけでなく、ごはんを食べること、そこから栄養を摂ることはどういうことなのか、にも触れています。

ここを知っておくと「今のウチのコのカラダの状態はどうなってるのかな?」と意識するようになります。
そうすると、この先ごはん作りに迷ったときもウチのコのカラダの状態に合わせること、そこから糸口を見つけることができるんですね。

一人で糸口を見つけるのに迷ったら、いつでも個別カウンセリングでサポートするので安心してください。

Please share if you like.
目次
閉じる