お客様の声

食材選びの悩みも解消でき、ごはん作りに自信を持てるようになりました【わんごはん入門講座】

パートナーわんこの「待ち遠しい!」を引き出し不調もケアできてしまう、わんこの食養生ごはん。
ドッグフードからの切り替え方や続けるにあたっての基本的なことが学べる入門講座を定期的に開催しています。

「急性膵炎の再発をしないようにケアしていきたい」そう思い、この入門講座を受講いただいたHさんから感想をいただいたのでご紹介します。

心配事がクリアになり、ごはん作りに自信を持てるようになりました(H.K様)

昨年の4月に急性膵炎になり治療をして、正常値に戻ることが出来ましたが、膵炎の再発の不安なども聞いてくれていた友達に勧められて申し込みました。

手作りごはんを始めた頃は愛犬の為にという気持ちが強く続けてこれましたが、途中から愛犬の為にはもちろんですが、私が楽しくなってきたこともあり続けられてます。
その事に自信を持っていいんだよと言って頂き、嬉しかったです。

手作りごはん自体は、その友達に相談してすでに始めていましたが、講座を受ける前は食材選びで同じモノが続いたりすると大丈夫なのかな?と心配になる事もあったり、どの野菜にしようかな?と悩む事もありました。

でも講座を受けたことで、食材を1つ変える事でも腸内細菌が変わる事を知れました。
それから、基本になるビタミン3種類の食材と食材の性質の3分類を季節や体質に合わせて組み合わせれば食材悩みも解消される事も知れました。

これからは、食材選びや手作りごはんの事に肩の力を抜く事が出来るようになれると思えましたし、気持ちが楽になれました。

これからも愛犬を観察しながら健康を保てるようにマイペースで手作りごはんを愛犬と楽しみたいと思います。

私のように愛犬のご飯(どこのドッグフードが良いのか?手作りご飯が良いのか?)の事で悩んでいる飼い主さんや愛犬の健康で悩んでいる飼い主さんには御薦めしたいです。

続けることが一番難しいから、続けられていることに自信を持つ

Hさんは講座のときも、終わってからのご質問も、聞いているととってもとっても頑張り屋さん。
「ウチのコのために」でとっても頑張っているのだけど、お話を聞いていると頑張りすぎて「もっと頑張らなきゃ」とご自身を追い込んでる風にも感じたんですね。

なので、レッスンでわんごはんの基本的なところを押さえつつ、1年お友達に相談しながらも独学で続けてこれたこと自体に自信を持ってね、とお伝えしました。

わたし自身もそうですが、心配になったり不安になったときに相談できる先がないと、続けるのってしんどいこともあります。
もちろん、話を聞いてくれるお友達がいて、切磋琢磨できるならそれはとっても良いこと。
でも、Hさんのようなタイプだと傍から見てすごく頑張ってできてるのに、それを自分で認識できてないことが多い…と感じます。

特にパートナーわんこのごはんは、飼い主さんに全権を委ねられてるようなものなので、飼い主さんが挫けてしまうとせっかく整い始めていたパートナーわんこの体調が崩れてしまう可能性もあるんですよね。

頑張ってるけど自覚がない、とか。
相談できなくて挫けてしまう、とか。

わたし自身、苦い経験があります。
わんごはん入門講座は、パートナーわんこのごはんの基本を知って暮らしに取り入れられるようになるためのレッスンですが、結構な頻度で飼い主さんの気持ちや行動のケアもサポートしていたりします。

ごはんは毎日のことだから、不安なく続けていけるようになるために必要だと思うからなんですよね。

パートナーわんこのためのライフスタイルレッスン

パートナーわんこに合った様々なおうちケアを楽しんで、日々の暮らしを丁寧に紡いでいく。
負担が少なく、心と体が喜ぶおうちケアを楽しむレッスンや『今』の体に合わせたごはんのアドバイスを行なっています。

“上質わんこライフ” ライフスタイルレッスン
パートナーわんこに合わせたお食事カウンセリング

いつまでも元気で過ごせるカラダになる、わんこの食養生ごはん無料メールレッスンウチのコのごはんに悩まなくなる無料メールレッスン犬ごはんの作り方