旬の食材・ゴーヤーで、夏の暑さを乗り切る

先日のわんごはんに、夏野菜の代表格・ゴーヤーを使いました。
わたしはあの独特の苦味が苦手で、自ら積極的に食べる食材ではないのだけど、パートナーわんこ・蘇芳(すおう)と真赭(ますほ)はそんなこと関係なく、いつも通り完食。
なんでも食べるってすばらしい(笑)

正式和名はツルレイシ

ゴーヤーって、沖縄独自の呼称なんですね。調べていて初めて知りました。
正式な和名は、ツルレイシというんだそう。
言われてみれば、スーパーではツルレイシという名称で並んでいたような…記憶もあったりなかったり。

そんなゴーヤー(ツルレイシ)。
原産は熱帯アジアなので、沖縄で栽培が盛んになるのも頷けます。
夏野菜なので、体を冷やす作用を持っているのは知っていたけれど、他にはどんな食性があるのか。
最近は、わんごはんを作るタイミングで、ひとつずつチェックしたりしています(笑)

食性や帰経というのは、東洋医学・薬膳での考え方。
自然界の恵みである食物には、体を温める作用・冷やす作用(食性)があり、体の臓器と対応しているという考え方です。

夏野菜ツルレイシの食性は

ゴーヤーは、寒性。
食性の中では一番体を冷やす部類に入ります。
体の臓器では、心脾胃に働きかけ、熱を下げたり、体内の老廃物を取りのぞいたり、下痢の緩和をしてくれます。

ビタミンC、ビタミンB1、B2、葉酸、カリウム、カルシウム、鉄、食物繊維が豊富なので、抗酸化や疲労回復、粘膜の正常化もサポートします。特にビタミンCは他の野菜にくらべて豊富で加熱してもほとんど壊れず残っているのもポイント。
この時期、暑さと湿度で皮膚炎を起こしたり、お腹の調子を崩したりすることもあるので、体を冷やす作用はあるけど、体調見ながら取り入れていきたい食材です。

蘇芳(すおう)と真赭(ますほ)のわんごはんの基本は「煮る」だけど、ゴーヤーは豚肉との相性もいいので一緒に炒めて人とパートナーわんことお揃いごはんにしても◎
(お揃いごはんのときは、パートナーわんこには味付けなしであげてくださいね)

パートナーわんこのごはんだけだとなかなか続けられない、といったときには、飼い主さんとお揃いごはんにして一緒に調理すると少しだけごはんをつくる手間が減るので、ライフスタイルに合せてうまく取り入れていってもらえればと思います。

パートナーわんこのためのライフスタイルレッスン

パートナーわんこに合った様々なおうちケアを楽しんで、日々の暮らしを丁寧に紡いでいく。
負担が少なく、心と体が喜ぶおうちケアを楽しむレッスンや『今』の体に合わせたごはんのアドバイスを行なっています。

“上質わんこライフ” ライフスタイルレッスン
パートナーわんこに合わせたお食事カウンセリング
お問い合わせ

LINE@バナー