ミネラル豊富な野菜・アイスプラントは犬ごはんに使える?

食感を楽しむ新しい野菜アイスプラント、食べたことありますか?

水分含有量が高く、ほんのり塩味なので、夏場のヘルシーおやつとしてちょうどいいな、とパートナーわんこ・蘇芳(すおう)と真赭(ますほ)に与えてみました。

アイスプラントはどんな食材?

アイスプラントはヨーロッパからアフリカ、西アジアに自生する多肉植物。
地中からミネラルを吸い上げることが可能で、その表皮に吸い上げたミネラルを隔離しておくための細胞をもっています。この細胞が、葉の表面にある水泡が凍ったように見えることから、アイスプラントと呼ばれているんですね。

調べると、バラフ、プッチーナなど様々な商品名で売られています。

自生地がアフリカ、西アジアも含まれることからもわかるように、乾燥に強く、水分含有量も高いため、みずみずしくシャキシャキとした食感を楽しめます。

アイスプラントが持つ栄養素

アイスプラントには、通常、野菜には含まれない栄養素・ミオイノシトールが多く含まれます。この栄養素は、コレステロールを低下させる働きを持ち、中性脂肪の増加を防止するので、動脈硬化や脂肪肝などのリスクを減らしてくれます。

他にも、地中からミネラルを吸い上げるため、カリウム、マグネシウムなどミネラルを豊富に含みます。中でも、高血圧やむくみを抑制し、血液を浄化してくれる栄養素・カリウムはレタスの2倍の含有量。

カリウムは、体液の浸透圧調整、筋肉の収縮、神経伝達をサポートする役割を持つ栄養素で、生命維持活動の上で欠かせない役割を持っています。
特に、これからの暑い季節は多量の汗をかくとともにカリウムが一気に失われてしまうので、夏の時期の食材として取り入れていくのもありだと感じます。

その他、人参やかぼちゃなど緑黄色野菜に多く含まれている、強い抗酸化作用を持つ栄養素・β-カロテンも豊富含まれているので、たまには食感の違うアイスプラントを使ってみるのもいいですね。

アイスプラント、犬ごはんへどうやって取り入れる?

水分含有量が高く、ほんのり塩味のアイスプラント。
蘇芳(すおう)と真赭(ますほ)には、まずはそのまま与えてみます。

キャベツやレタスなどと同様にそのまま食べられる食材であれば、まずはそのまま与えてみるのが我が家流。

柔らかいものも硬いものも、なんでもぱくっと食べてしまう蘇芳(すおう)はそのまま美味しそうに咀嚼。サニーレタスなど柔らかい食感部分はお好みではない真赭(ますほ)は、葉っぱの部分は食べないけれど茎の部分は美味しそうにもぐもぐ。

この反応から、蘇芳(すおう)と真赭(ますほ)には、茎の部分はおやつとして、葉っぱの部分は犬ごはんに混ぜてがよさそうかなと判断します。

とはいえ、アイスプラントは水分含有量の多い食材なので、犬ごはんに混ぜる場合はさっと火を通す程度に留めるのがオススメ。
飼い主さん向けの人ごはんなら、サラダのアクセントやきのこ類などと一緒に軽く炒めるのも美味しそうです。

まだまだ新しい食材のアイスプラント。
調べてみる限り、パートナーわんこたちが食べると危険な栄養素は含有されていないので、もしスーパーなどで見つけたら、ウチのコは食べるかな?と試してみるのもいいでしょう。

パートナーわんこのためのライフスタイルレッスン

パートナーわんこに合った様々なおうちケアを楽しんで、日々の暮らしを丁寧に紡いでいく。
負担が少なく、心と体が喜ぶおうちケアを楽しむレッスンや『今』の体に合わせたごはんのアドバイスを行なっています。

“上質わんこライフ” ライフスタイルレッスン
パートナーわんこに合わせたお食事カウンセリング
お問い合わせ

犬ごはんの作り方LINE@バナー