わんごはんは飼い主さんの “愛” を伝える行為

我が家のパートナーわんこ・蘇芳(すおう)と真赭(ますほ)は、主食をドッグフードから食養生をベースとしたわんごはんに切り替えて6年ほど。
こういうとすごいねと言われたりもするけれど、すんなりわんごはんにシフトできたわけじゃなくて、周りからの様々な「よかれと思って」の声や彼らの体調、継続することの難しさなんかに翻弄され、試行錯誤紆余曲折してきました。

そんな(わたし自身の続けたいのに続けられなかった)経験も踏まえて、難しくなくて毎日続けられることをベースしているのが、上質わんこライフのわんごはんレッスン。

薬膳や食養生も知識もあればさらに幅が広がるけれど、日々わんごはんを作れないなら意味がない。
たまに体にいいものを食べるだけじゃ、体は変わっていかないから。

ウチのコにベストな方法を選択することを考える

今の時代、調べればたやすく書籍もネットの情報もたくさんでてきます。
書籍によって違ったり、ネットの情報も様々で、玉石混合。

パートナーわんこのごはんについても、ドッグフード、生食、加熱食と大きく分類したら3つ。この3つのうち、どれかひとつが正しくて残りは間違ってる、なんてことはホントはないんですよね。
でも、わたしたちはついつい正解を探す癖がついてしまっていて「どれが正しいの?」となっちゃう。
パートナーわんこであるウチのコに合って結果が出るのであれば、どれも正しい、が本来なのにね。

そして、病院での治療も処方されるお薬も同じ。
一般的に病院での治療は今このときの状態にフォーカスしてアプローチしています。
もちろん緊急性や一時的に必要があるなら、その選択も正しいもの。
でも、その不調の根本を見つけてケアしないと繰り返されることにもなってしまいます。

ごはんも治療もそれぞれに得手不得手、いい面と悪い面があります。
それらを踏まえて「ウチのコにベストな方法を選択する」ことを考える
それができるのは、一緒に暮らして日々の様子を見ている飼い主さんだけなんですよね。

そのためのベーシックな内容をお持ち帰りいただくのが、わんごはんレッスン。
ただ、ごはんのこと、食材のことを学ぶだけでなく、パートナーわんこたちの体がどう成り立っているのか。どんな仕組みで生命は息吹いているのか。
そんなことも含めています。

わんごはんの根底にあるものは “愛”

わんごはんレッスンは、わんごはんを作って続けて行くためのレッスンだけど、実はそれだけではないんです。

わんごはんという知識の部分を超えた一番伝えたいことは、ごはんは愛を伝えるツールだということ。
子供が「ママのごはんが一番好き!」というように、パートナーわんこも飼い主さんが自分のために作ってくれるごはんが大好き。
それは、目をキラキラさせて待っていたり、そわそわ落ち着かなかったり、ごはんを作っている間のわんこの表情や行動が物語っています。

ウチのコはクールだから。
そんな風に言わないで、ごはんの準備の様子を動画で撮ってみたり、ご家族以外の人にみてもらったりしてみてください。
きっと毎日あたり前のように思っていたパートナーわんこの様子が、実はごはんが待ち遠しくて仕方がないと表現しているのがわかるはず。

ごはんを作るって毎日のことだから、ついついルーティンワーク、作業になってしまいがちだけれど(お仕事してると特にね)相手のためにごはんを作ること、作ったごはんを嬉しそうに美味しそうにたべてくれること。これでひとつのコミュニケーションが成り立っています。
だから、できる限りでいいので、他の家族と同じようにパートナーわんこのごはんも一緒に作って「今日のごはんも美味しいね」って声をかけてあげてください。
わんこたちにとって、その言葉と飼い主さんが作ったごはんは、なによりも嬉しいものだから。

もちろん、飼い主産さんがちょっとしんどいなって時やお出かけした時は、フードであったり、わんこ向けのお惣菜やドッグカフェのごはんでもOK。
それはそれで、たまにあるイベントとしてパートナーわんこは受け入れてくれるので大丈夫。

でも、心の隅っこ、頭の片隅に、わんごはんを作ること、それを食べてくれることはコミュニケーションのひとつなんだって覚えていてくださいね。

わんこの食養生ごはんは、基本のレッスンと一歩先にトライする薬膳レッスンの2本立てになっています。
ご興味がある方はお問い合わせくださいね。

わんこのおうちごはん 「ウチのコ、いつもはドッグフードだけれど、時々人の食べ物もあげちゃってる」 「ネギやチョコはダメってきくけれど、それ以外にもダ...
パートナーわんこのためのライフスタイルレッスン

パートナーわんこに合った様々なおうちケアを楽しんで、日々の暮らしを丁寧に紡いでいく。
負担が少なく、心と体が喜ぶおうちケアを楽しむレッスンや『今』の体に合わせたごはんのアドバイスを行なっています。

“上質わんこライフ” ライフスタイルレッスン
パートナーわんこに合わせたお食事カウンセリング
お問い合わせ

犬ごはんの作り方LINE@バナー