愛犬が美味しそうに食事をしている姿を見ているだけで幸せになれる【わんごはん入門講座】

パートナーわんこの「待ち遠しい!」を引き出し不調もケアできてしまう、わんこの食養生ごはん。
ドッグフードからの切り替え方や続けるにあたっての基本的なことが学べる入門講座を定期的に開催しています。

パートナーわんこがドッグフードを食べてくれなくなってしまった…と受講してくださったAさんより感想をいただきました。

目次

うちの子にあったものを見つけていきたい(A.Mさま)

ロンがドッグフードを食べなくなってしまったので、手作り食のことを知りたくて受講しました。
犬にも体質があることや水の流れ等知らなかったことも理解することができました。
まずはロンの様子をしっかり観察して、ロンにあったものを見つけて自分でやることが大事だと思いました。

手作り食はやってみるとそんなに無理しなくてもできるので、ロンのようにドッグフードを食べなくて困ってる人におすすめしたいです。
愛犬が美味しそうに食事をしている姿を見ているだけで幸せになれます。

手作りごはんを作って一番嬉しいのは「ウチのコが美味しそうに作ったごはんを食べてくれる」こと

今まで食べていたドッグフードを食べなくなってしまった。
SNSでもよく見かけるお話です。

食べなくなってしまった理由は様々で、単純にフードが美味しくないとか、年齢が上がって実はカラダが受け付けなくなったとか、あるいは食べない選択肢をするともっといいものがもらえるから…とか。

心あたりのある飼い主さんも結構いるんじゃないでしょうか。笑

大抵は、別の食いつきのいいフードを探すフードジプシーに陥ってしまうのだけど、Aさんはこれを機会に手作りごはんを取り入れるという選択をされました。

Aさんも手作りごはんは難しい…と思っていたそうですが、入門講座では基本の考え方、作り方もお伝えしてます。

何よりも、自分のごはんは手を抜きがちな講師のわたしも毎日続けられています。
実際にこのお話をすると、「そんなに難しくなさそう」「できそう」と思ってもらえるんですよね。

不調がある場合はまた変わりますが、基本的に健康なコであれば押さえるポイントはさほど多くありません。

そして、わたしたち飼い主がちょっと頑張ってみたご褒美が、これ。

愛犬が美味しそうに食事をしている姿を見ているだけで幸せになれます。

Aさんが感想で書いてくださったこの一言に尽きるんですね。

これがごはん作りをしていて一番嬉しいこと。
その光景を、気持ちを、暮らしの中に取り入れてみませんか?

Please share if you like.
目次
閉じる