「犬」ではなく「人」のしつけと考えるとわかりやすい

頭がいい=イイコではない。
わんこからしたら「イイコ」は損をする!
そのしつけ、わんこのためですか?自分のためですか?
我慢の借金はいつか崩壊する。
日本人は、良くも悪くも真面目で水準が高い。故に、いいところを見つけて褒めるのが苦手。
人から見た家庭犬(いわゆる普通に飼われている、家族の一員とされているわんこ)の仕事は何もしないこと。

ざっと列挙したこれらは、2016年に開催した『正しい犬のしつけ方講座』で出てきたフレーズの一部です。

“しつけ” と “訓練” は違うということ。
“症状” と “原因” へのアプローチは違うということ。

これらをしっかり理解している飼い主さんは少ないのでは…と思います。
かくいうわたし自身もはっきりとは理解できていなくて、企画したこの講座で知ったことがたくさんあります。

知らなきゃ損する “原理原則”

行動分析学は、もともと動物のためのものではなく、人(子供)のためのもの。
それを応用して家庭犬と呼ばれるパートナーわんこたちはもとより、動物園などの動物たちのトレーニングにも使われているものです。

昔だと普通に行われていた叩くという行為。
あるいはカラーやリードを通して力技で捩伏せる行為。
しつけ本などに載っている天罰方式(犬の見えないところで、大きな音を出してやめさせる)

…これらはすべて “嫌なことを与える罰”
わかりやすくいえば、支配。

わたしたち人もそうだけれど、支配されると「なんだと?!」「そんなのは嫌だ!」ってなりますよね。
わんこたちもそう。
された瞬間は、びっくりして怖くてやらなくなるから「(この方法は)成功した」と思いがちですが、心の中に生まれた「嫌だ!」はなくなりません。
繰り返されるたびに、少しずつ少しずつこの「嫌だ!」は蓄積されていきます。そして「もうこれ以上は無理!我慢の限界!」となった時に、咬む行為が表に出るんですね。

そう考えると、”嫌なことを与える罰” はリスクがあります。
時間をかけて蓄積されていくことで、攻撃性をアップさせてしまうから。

だから、この “嫌なことを与える罰” ではなく、”いいことがなくなってしまう罰” を使うといい。
というのが、原理原則の話の中のひとつです。

行為を促す “感情” がなくなれば “行為” もなくなる

この原理原則を知って、どう対応していくのか…には、まず、その行為(吠えや咬む、いたずらなど)がどの感情からきているのかを知ること。見極めることが重要です。

我が家もそうだけれど、飼い主さんのお悩みNO.1と言えるのは吠えること、だと思うんですよね。
であれば、その “吠え” る行為をさせてる感情は何?を見極めましょう。
これはわたしたち飼い主では見極めにくい部分もあると思うので、そんな時こそドッグトレーナーを頼ってみてください。とはいえ、この感情を見極めることをしてくれないトレーナーにお願いしてしまうと本末転倒になるので、事前相談やトライアルトレーニングを通して信頼できるトレーナーを選んでくださいいね。

我が家の真赭(ますほ)を例にすると、ピンポーンとチャイムがなると猛然と吠えます。
これは、わんこたちからすると「侵入者!侵入者が来た!どっか行け!!」が大半。怖いんですよね。

この場合は、ピンポーンと鳴った時にそのコが喜ぶものをあげるといいでしょう。
一番喜ぶのはおやつだと思いますが、おやつよりもおもちゃが好き!なコはおもちゃでも。
ピンポーンときた人が帰るまで夢中になれるものがいいので、おやつの場合は2〜3分持続するものがよりベストです。
おもちゃの場合も、長く興味を持つものを渡してあげてください。

おやつやおもちゃに夢中になってる間に、侵入者は用事が済んで帰っていく…ので、帰ったら、おやつ(あるいはおもちゃ)は一旦終了させます。
これを繰り返すと、ピンポーン=侵入者がくる、怖い、がピンポーン=おやつがもらえる、嬉しい、に変わっていきます。

日常に “好き” が増えるということ

悩ましい “症状” がなくなるとわたしたち飼い主は嬉しいし、感情を揺さぶられる”原因” がなくなればわんこたちも嬉しい。

日常の中に “嬉しい” が増えると “嫌なこと” が減るので、結果、我慢するということも減っていきます。ストレスが減るんですよね。

ストレスが減るということは、わんこのQOL(クオリティー・オブ・ライフ。人生の質、生活の質)が上がるので、健康寿命も伸びます。
これは、わたしたち飼い主にとっても嬉しいこと。

社会の中でのわんこのポジションが変わっていくのに合わせて、わたしたち飼い主も学びを変えていく必要があると感じます。
一度、咬みつくという行為で嫌なことを遠ざけることを覚えてしまったわんこに対して、それを直すこと、嫌なことじゃないよと覚えてもらうことはとってもとっても時間がかかります。
けれど、裏を返せば時間をかければ、しつけをし直すことはできるということ。

それは、飼い主側の根気をものすごく試されるけれど、今まで学んだ力技の方法ではなく、お互いがストレスなく幸せに過ごしていくためには必要なことなんですよね。

パートナーわんこと飼い主が幸せに過ごしていくために

メディアで取り上げられるトレーナーや訓練士は、まだまだ力技の人たちが多いと感じます。
でもこれは仕方のないことなのかもしれません。

メディアで取り上げることができる時間は限られています。
様々な人に密着して感動を湧き起こすTBS系列のドキュメンタリー番組『情熱大陸』ですら、実際に放送できる時間は1回30分。2回、3回にわけて放送したとしても、そこで伝えられる内容はごくごく一部でしかありません。

でも力技ではなく、”嬉しいこと” をベースにトレーニングをするトレーナー、訓練士も少しずつ増えてきています。
そういった選択肢もあるということを知って、迎え入れたパートナーわんこに合うトレーニング、接し方をわたしたち飼い主ができるようになることが、双方が幸せに過ごしていくために必要なことだと思っています。

2016年『正しい犬のしつけ方講座』講師である細野トレーナーが運営するサロン
dog’s home sunks〜千葉県柏市の犬のしつけ・お預かり・トリミング

パートナーわんこのためのライフスタイルレッスン

パートナーわんこに合った様々なおうちケアを楽しんで、日々の暮らしを丁寧に紡いでいく。
負担が少なく、心と体が喜ぶおうちケアを楽しむレッスンや『今』の体に合わせたごはんのアドバイスを行なっています。

“上質わんこライフ” ライフスタイルレッスン
パートナーわんこに合わせたお食事カウンセリング
お問い合わせ

LINE@バナー