「特別なことじゃない」という意識。あたり前のように受け容れる世界。

楽しい時も、嬉しい時も、悲しい時も、しんどい時も。
気づくと静かに寄り添ってくれている家族であるパートナーわんこ。
あなたがパートナーわんこと見たい世界はどんな世界?

飼い主としてできる限りのことを

パートナーわんこをただペットとして可愛がるだけでなく、彼らと「共に暮らす」こと、彼らに「意識を向ける」こと。

愛くるしい姿に、行動に、無条件に癒されて「ああもう、かわいい…!」
わたし自身、そんな風に思うことも多々あります。

それでも、ただかわいい!とテンションをあげるだけではなくて、共に暮らしていくひとつの生命として尊重することは忘れてしまいたくない。
そう思うのも事実。

わたしが犬ごはんやアロマを伝えていきたいなと思ったきっかけは、自分自身の意思で初めて迎えたパートナーわんこ・蘇芳(すおう)です。
3ヶ月で迎えた蘇芳(すおう)との初めての育児ならぬ育犬生活は、あたり前だけれど初めてのことだらけで右往左往しながらのスタートでした。

右往左往しながらも蘇芳(すおう)がいる暮らしに少しずつ慣れた頃に発症した皮膚炎、胃腸の不調。
動物病院で投薬をしても、薬が切れれば再発する。当時の担当獣医師との意思の疎通のままならなさ。

そこに、タイミングを見計らったかのような本犬の「食べ物に気をつけるとかで自分の体はよくならないの?」というメッセージ。
(このメッセージは、アニマルコミュニケーションをお仕事にしている方のセッションで受け取ったもの)

このメッセージがすべてのはじまり。
普段なら「いやいや、それは無理だよ」って思うことをこの時はこれっぽちも思わずに、蘇芳(すおう)本犬が望むならわたしは飼い主としてできる限りのことをしよう。
なぜかそんな風に思ったんですよね。

蘇芳(すおう)と真赭(ますほ)と見たい世界を考える

犬ごはんをはじめとして、メディカルアロマテラピー、メディカルハーブ、マッサージにヒーリングを学ぶ。
学生時代、どちらかというと勉強することは好きではなかったのに、よくもまあこれだけあちこちに学びに行ったなあ…とびっくりします。犬ごはんやアロマテラピーは複数の協会で学んだしね。(これは、後にわたし個人の資質である、興味があることはあれもこれも経験してみたい!が大きく関与してると知りました)

あちこち学んだ中のエッセンスのひとつとして、

  • わたしが蘇芳(すおう)と真赭(ますほ)と見たい世界はどんな世界だろう?
  • 彼らと共にどんな暮らし方ができたら嬉しいかな?楽しいかな?
  • どんな風に接したら、暮らしたら、彼らは嬉しいんだろう?

知識としての学びだけでなく、わたしは彼らとどんな風に暮らして、どんな世界を一緒に見て触れて体験したいのか。
そんなこともちょっと考えるようになりました。

そして、蘇芳(すおう)と真赭(ますほ)のためにと学んできたことを彼らのためだけに活かすのではなくて。
どこかにいるであろう必要としている人に伝える。
…それが、見たい世界の一部に加わってきました。

元々は蘇芳(すおう)と真赭(ますほ)ために学んできたことなので、人に伝えるなんて面倒で大変なこと、別にしなくてもいいんですよね。
伝えることを選択したのは、彼らと一緒にいる時間を増やすために生き方、働き方を変えたいと思いはじめたこと。
そして、右往左往しながらあちこち遠回りしたあの時の自分自身と同じ人がいるならば、選択肢はもっとあるんだよ、と伝えたいと思いはじめたこと。

このふたつが湧いて出てきたからじゃないかな。
働き方を変えたい、だけなら、別に他のことでもよかったはず。
にもかかわらず、なんでパートナーわんこの食とおうちケアにこだわっているのか。
本来、興味のスパンが短い性質をもつわたしが、諦めきれずにもがいているのかといったら。

きっとこのふたつがまだまだ消えずに残っているからなんだと思います。

見たいのは “特別なことじゃない” という世界

ショップで指定されたドッグフードを食べさせて、病気になったら動物病院へ通う。
別にね、それだけでも十分なんです。
それで幸せに暮らしているパートナーわんこたちもたくさんいる。

でもね。
自分の手でできることを楽しみながら、あたり前のように暮らしの中に取り入れていく。
それが特別なことじゃなくて、普通だよねって受け容れる。

そんな世界が見たい。
蘇芳(すおう)と真赭(ますほ)との暮らしを通して、わたしはそんな風に思っている。

それは、人の世界でいうスローライフとかナチュラルライフとかに近いのかもしれません。
でも、ただナチュラルを突き進むというのではなくて、そうじゃない世界も「うんうん、時にはそれも必要だよね」って言える方がいい。

西洋医療も東洋医療も自然療法も、それぞれ得手不得手があるから。
おウチのコにベストな選択をする。必要な時に必要なものを選択することができるように。
それができる飼い主さんが増えるように。

「特別なことじゃない」という意識の世界、を見るために動いていきたいなと思うんですよね。

パートナーわんこのためのライフスタイルレッスン

パートナーわんこに合った様々なおうちケアを楽しんで、日々の暮らしを丁寧に紡いでいく。
負担が少なく、心と体が喜ぶおうちケアを楽しむレッスンや『今』の体に合わせたごはんのアドバイスを行なっています。

“上質わんこライフ” ライフスタイルレッスン
パートナーわんこに合わせたお食事カウンセリング
お問い合わせ

LINE@バナー