《出展者紹介》美容だけでなく不調にもOKな耳ツボ〜Laughing Together

2019/4/20(土)21(日)に2日間、祖師ヶ谷大蔵のカフェ&ギャラリーRoomerにて開催するイベント『しっぽ祭2019』出展者のご紹介です。

日本では数少ない、中国の伝統医学・耳穴診療法

Laughing Togetherの耳つぼ療法は、日本で一般的に広まっている耳ツボセラピーとは異なり、中医学の基礎理論を習得しないとできない施術です。

日本では、ダイエットやリフトアップなどの美容効果が知られている耳つぼですが、本来は美容効果だけでなく、幅広い疾患への適応ができる療法。
疾患へ適応できるということは、中医学診断による施術であるということ。簡単に言えば、治療のひとつなんですね。

耳は、体の組織器官と臓器と密接に関係しているので、体不調があると耳の皮膚表面に様々な反応が現れます。
それは、見た目や触れた時の感触から体の状態を見る場所でもあるということ。

耳というさほど大きくない面積に、実は体のすべての状態がでてしまっているということに、ちょっとびっくりしませんか?

カウンセリングで見つかる、無自覚な不調も

実際にわたしも体験しましたが、自覚していなかった眼精疲労が一番重症ということが発覚しました。

体験した時は、肩こり・腰痛があるんだよね…と話したのだけれど、仕事内容や日常的にPCやスマホを長時間使用していることも伝えたら「ここもきっと痛いはず」と指摘された眼のツボが痛いのなんのって。
耳に体の様々な部位とつながるツボがあるというのを身を以て実感。

その他、たぶん痛いであろう(=不調がある)組織器官や臓器とつながるツボを実際に押されてチェックされて、最終的には、頚肩腕と眼のツボに耳ツボを施術してもらいました。

鍼治療が苦手でも耳ツボなら怖くないよ、と事前に聞いていたけれど、痛さでいったらこの耳穴診療法の方が痛かったかもしれません。
それでも、鍼のようにものすごく小さな1点を刺激するのではなく、ある程度の面を施術するので、施術される側の鍼を刺されるという怖さは抱かなくて済むと思います。

また、漢方薬局での勤務経験と培ったカウンセリング力で、耳への施術だけでなく、ご自身でもできるセルフケアのアドバイスも一緒に貰えます。
慢性的な悩みには、手軽にできるセルフケアを教えてもらえると嬉しいですよね。

耳つぼは気を流し、血流を促す作用があるため、高血圧、心疾患、妊婦の方への施術はお断りとなります

効果重視かオシャレ度重視か。お好みで選べる耳ツボシール

中国伝統医学である耳穴診療法で本来使われる耳ツボシールは、菜種がメインです。
けれど、これって女子的にはとっても楽しくない…。

菜種はサイズ感的にもツボをちょうどいい強さと範囲で刺激してくれるのですが、肌色シールで固定するので、見た目が「血抜いたの?」状態になります。
実際に、この菜種+肌色シールを貼っていたら、どこか悪いのか、病気なのか、と問われた人もいたそうです。

見た目よりも効果が重要!な方や施術後数日は人前に出ることはない方、髪で隠れるから見た目は気にしないという方には、従来の種坪シールをオススメしますが、人前に出ることが多い方、ショートヘアやアップヘアが多い方、はたまた髪に隠れるけれどテンション上がる方がいい方はキラキラのスワロフスキーシールも用意してあります。

スワロフスキーシールは10色近いカラーを用意してくれているので、お好きな色や「しっぽ祭」出展メニューであるカラーセラピーで出してもらったオススメカラーを選ぶこともできるので、お好みでどうぞ。

ただ、ツボを刺激するパーツ部分は菜種よりもずいぶん小さいので、その効果としては少し劣ると思っていてください。
また、種坪シールとスワロフスキーシールでは、シールを貼っている期間(効果日数)が異なるので、何日後に剥がすのか、指定された日数を忘れずに。

また、金属アレルギーがある人でも楽しんでもらえるように、セラミックパーツも用意してくれるので安心してくださいね。

Laughing Togetherの出展メニュー

中医学診断耳つぼ療法
料金 30分 1500円/延長10分につき1000円

Laughing Together
info@laughing-together.com
しっぽ祭Info

家族の一員でもあるパートナーアニマルたち(しっぽ家族)とその飼い主(と一緒に暮らす人家族)の心身を整えて、今よりも幸せに暮らしていくためのきっかけ、笑顔が増える場がコンセプトのイベント。

4/20(土)21(日)の2日間で、全出展者メニューを体験・購入していただいたお客様にはプレゼントもご用意しています。
ぜひ、パートナーアニマルと一緒にご来場ください。